起業準備10 デジタル化


この起業準備シリーズはNif Coffeeが開業するまでの軌跡を記憶が新鮮なうちに書き留めて置こうと思います。



法人設立、テナントの契約と3桁万円の金額が動き始め、いよいよ資金調達と顧問税理士さん選びをはじめました。

司法書士さんから私に合いそうな税理士さんをご紹介いただきました。

士業は横のつながりが強いと言われるのも納得します。


実は執筆している6月7日時点で税理士さんとは未だに直接お会いしたことがありません。(ZOOM会議で何度かやり取りさせていただいているのでお顔は拝見しています。)


やり取りはChat Work、会計ソフトはマネーフォワードクラウド。

Nif Coffeeは私のこだわりで5月末決算にしたので、先月末決算でしたが、そのやり取りもすべて電子化。


コロナ禍ということもありますが、非常に便利な世の中になったとつくづく思います。

仕事の昼休憩に税理士さんと決算に向けてのミーティングしていました。

時代です。

司法書士、税理士、(このあと出てくる)弁理士さん、内装設計業者さん、銀行、ショッピングカート業者さん。すべて現職のコーヒー屋に勤めなが、スキマ時間を活用し、ここまで開業準備を滞りなく進められています。

契約書もクラウドサインで電子締結で収入印紙代もかからない。

このデジタル化、クラウド化の恩恵をフル活用して効率化が図れているのもNif Coffeeの強みです。

このデジタル環境が無かったら開業準備はあと半年は必要だったと思います。

つづく

小川 健介


小川 健介